院長 主要業績

 

原著

1 T.Koiwai,H.Oguchi,S.Kawa,Y.Yanagisawa,T.Kobayashi,T.Homma. The Role of Oxegen Free Radicals in Experimental Acute Pancreatitis in the Rat. Int.J.Pancreatology 1989;5:135-143

(ラット実験急性膵炎における酸素由来フリーラジカルの役割)

2  T.Koiwai,H.Oguchi,M.Terashima,Y.Yanagisawa,M.Higuchi,S.Furuta. Beneficial Effect of Dibutyryl Cyclic AMP (DBcAMP) on Ischemic Acute Renal Failure in the Rat. Renal Failure 1992;14:461-465.

(ラット虚血性急性腎不全に対するDibutyryl Cyclic AMP (DBcAMP) の有益な効果)

 

著書

1  小岩井俊彦、本間達二:第7章 膵疾患の診断ー2.膵外分泌機能検査. 膵臓病学(竹内 正 編集)、南江堂、東京、1993,pp215-218

2 本間達二、小岩井俊彦: 急性膵炎の重症化因子ー急性膵炎の重症化と血管作動物質. 胆と膵、

14:807-811,1993.

3 T.Koiwai,H.Oguchi,Y.Yanagisawa,S.Furuta,T.Homma,A.Nagata.Oxegen Free Radicals

in Experimental Acute Pancreatitis in the Rat. In:M.Tsuchiya,K.Kawai,M.Kondo,T.Yoshikawa(eds.) Free Radicals in Digestive Diseases (1988) Elsevier Science Publishers B.V.,Amsterdam,pp209-214.

4 小岩井俊彦、小口寿夫、林 圭介、古田精市、本間達二:4.シンポジウム 急性膵炎重症化のメカニズムー3.急性膵炎と血管作動性物質.21世紀を目指し羽ばたく消化器病学、日本医学館、東京、1993,pp74-76.

 

学会発表(シンポジウム演者のみ)

国際シンポジウム:

1987年 8月 First International Symposium on Free Radicals in Digestive Diseases :kyoto(京都市)

1988年11月 日中難治性膵疾患シンポジウム(中国・北京市)

1989年 9月  Conference on Newer Aspects in the Treatment of Renal Failure  :  Geneva,Switzerland(スイス・ジュネーブ)

 

国内シンポジウム:

1986年 9月 シンポジウム「過酸化脂質と消化器疾患」

1988年 7月 日本膵臓学会第19回年次大会:シンポジウム「慢性膵炎ー治療と長期予後」(長崎市)

1992年10月 第34回日本消化器病学会大会:シンポジウム「急性膵炎重症化のメカニズム」(宇都宮市)

 

小岩井内科クリニック

〒390-1241

長野県松本市新村2927-11

 

TEL 0263-47-6111

FAX 0263-47-8777

 

地図