疾患と気象との関係 (医師 兼 気象予報士院長のひとこと・1)

May 2, 2014

 私たちを取り巻いている大気。その大気中の温度、湿度、気圧などの変化と疾患との間には密接な関係があります。

 たとえば昔から「天気が悪くなるとリウマチの痛みがひどくなる」と言われてきましたが、最近になってこれには科学的な根拠があることがわかってきました。

 京都大学の寺尾知可史氏、橋本 求氏らのグループが、気圧が低いほど関節リウマチの腫れや痛みが増強することを示したのです。

 このような、気象と疾病・健康状態の変化との関連についての調査、研究を進めることは日常診療においても大いにメリットとなるでしょう。

 当クリニックの院長は気象予報士でもあります。

 気象の変化にも注意を払って、それを日常の診療に生かすこととしています。

 

 

Tags:

Please reload

Featured Posts

疾患と気象との関係 (医師 兼 気象予報士院長のひとこと・1)

May 2, 2014

1/1
Please reload

Recent Posts

February 11, 2015

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
小岩井内科クリニック

〒390-1241

長野県松本市新村2927-11

 

TEL 0263-47-6111

FAX 0263-47-8777

 

地図